千早村2014 「NEXUS Cafe」
[再見録]を引っ越ししました、しばらくこちらを更新しようかな♪
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第50話/最終三部作(3)『心からの言葉』(3/31放送)
【かつて「ウルトラマンメビウス」の感想に使っていた掲示板が閉鎖となり、感想部分をこちらのカテゴリーに保存しました】 (2016年秋転記作成)


第50話/最終三部作(3)『心からの言葉』(3/31放送)

   千早村 ( 投稿日:2007/07/14 06:59)

さて、いよいよ、最終回です。
この最終回はネクサスから続く3部作の、毎週放送される新しいウルトラマンのお話を見るのも当面最後となる作品です。
それゆえ、この最終回でウルトラマンと地球人との「絆」が上手く昇華されていてよかったとまずは感じました。
ウルトラマンと地球人との「絆」。
40年我々の中で生き続けてきたウルトラマン。
彼らとの『共生』(←という表現がいいのかどうかは別にして^^;)をこれからも続けられるという締めくくりだったように思います。
まずは、この場面のためにこの作品があったのではないか?と感じたのは、サコミズ隊長とゾフィとの一体場面。
いや、このシーンはひょっとして、メビウスの話はヒビノミライや、ウルトラマンメビウスの話ではなく、このサコミズ隊長とゾフィの関係を言いたかった作品なのではないか?とさえも思わせる好画面でした。
ウルトラマンの“好意”?に応えようとする地球人が作り出したファイナルメテオール。
それを通してのエンペラ星人の最期はなかなかよかったです。
お、そうそう、忘れてますがメビウス最終形態もよかったです、チョットごちゃごちゃしてますけどね、このシーンで見せる分には燃えますわ。
まぁ、そんなこんなで終わった「ウルトラマンメビウス」
登場する役者さんにもアクターさんにも最終話を見終わった時点では文句はなんにもありません。
それぞれがええ仕事をしてくださったなぁ~という感じです。
特に若手?のガイズ隊員のメンバーには大拍手を送りたいと思います。キャラがぶれることなくキチッと演じられた、と思いますから。
ま、作品的にはね、40周年記念作品やから、ということで。
30周年のティガがこれまでと違うウルトラマンを見せてくれたという点で高評価するなら、今回はそれこそ、「原点回帰」やったんかなぁ~という感じです。原点回帰、確かこの3部作が始まる頃によく言われてましたっけね~?(^^;)

そんなこんなで、とりあえず、ここでのメビウスの感想はこれで終了します。
続きはまた、機会があれば、どこか自分のHP内で触れるかもしれません。
ここまで読んでくださったみなさま、ありがとうございました!!
スポンサーサイト
第49話「最終三部作(2)『絶望の暗雲』 ~ 第48話「最終三部作(1)『皇帝の降臨』
第49話「最終三部作(2)『絶望の暗雲』(3/24放送)

千早村  投稿日:2007/06/29 22:41

う~ん、、、メビウスファンの皆様、ごめんなさい。
この回の感想は書けません。
つーか、楽しめない。
なんで突然?ザムシャーが「いい人」になってるのか?
なんで、ツルギが?単に助っ人??
まぁ、ミライ君が変身できないのは仕方ないとして。
なにやら唐突なんですよね、キャラの登場が、、
基地がやられるのは、まぁ最終話ではよくあるパターンやし。
いや、実は今日見返しまして、これが正直見るのは2回目。
感想を書き上げたい、とは思ったものの、、、
ま、こんな風に感じた、ということで、、、m(__)m

第48話「最終三部作(1)『皇帝の降臨』(3/17放送)

千早村  投稿日:2007/06/12 23:19

久々の感想です(^^ゞ
忘れていてはいけないと、もう一度、つーか、感想書こうと思っての見返しを何回かやってるんですけど、まぁ、改めて見返しました・汗)
というのも「ウルトラマンスタジアム」のスペシャルショーにエンペラ星人が登場つーんで、カッコええポスター見てテンション上がりつつあるからでもあります。

いやはや前置きが長くなりましたが、この回では見所は3ヶ所ってとこでしょうか?
インペライザーvsメビウス。倒しても倒しても現れるインペライザーに立ち向かうメビウス、終わりのない戦いは見ていてチト辛いです。それでも、ウルトラマンメビウスとしてエネルギーを使い果たしたらまた、人間体に戻るのですね?←ショーもない突っ込みでゴメン(^^ゞ
ま、それはさておき、TVメビウスの終盤でガイズ外にメビウスであることをばらしてしまったのは失敗でしたね~というか、やっぱりヒルカワでも信じていたかったのかねぇ~?ミライ君。
ということで、この回のもう一つの見所はサコミズ総監のTV演説ですな。
う~ん、さすが!!つーか。
一体どれくらいの演じ方のバージョンを考えてこられたんでしょ?田中氏は。ん、それにしても自らの体験をもとにウルトラマンとの理想的関係をとつとつと訴える姿はさすがに1年をサコミズ隊長として過ごしてきた風格を感じさせましたね。抑え気味のテンションに人々はサコミズ隊長の誠意や真意を受け取ったのではないでしょうか?いや、マジ見事でした。
その場面があるが故のその後の展開は見ていてウレシイというか爽快感があるというか。
メディカルセンターで横になるミライに聞こえたサコミズ隊長の演説?が、無理してもメビウスとして戦う決意を起こさせたとも感じられますが、それでもミライは十分メビウスとして戦う気持ちの高揚感を持っていたはず。それはサコミズ隊長とメンバーの出撃場面を見るミライや、変身シーンのミライの表情にとてもよく表れています。いやぁ~ナイス表情ですよ!!
う~ん、なんちゅうか、信頼する仲間と共に戦う喜びを感じているようにも思えます。
それだけに、、、
次回に続く、あの展開はミライやガイズのメンバーにどれだけのダメージを与えたか、、、
3部作の2作目を次回のあのような展開に持ってきたのは、チョットルール違反のような気もしますなぁ~、、、

それでは、ほとんど忘れている?次回を見てみましょう~(^^ゞ

第47話「メフィラスの遊戯」(3/10放送) ~ 第46話「不死身のグローザム」(3/3放送)
第47話「メフィラスの遊戯」(3/10放送)

千早村 投稿日:2007/04/18 22:45

真打?初代ウルトラマンの登場です!!
うぅ~ん、冒頭に登場のハヤタ隊員こと黒部進氏、メッチャかっこええです、余談ですが、当方セブンファン←しつこい(^^;)ですが、ここ数年、黒部氏の声に惚れております。ショーで声出演の機会も多く、もう、その度にホレボレしております。なんちゅうかさすが初めに地球に留まっていただけのことがある、と思わせる重厚な語り口、それでも優しさとかが滲み出ている味わいが感じられます、ん、大好き。ショーでも初マンの台詞でピシッと締まる事も多く今後も登場に期待です(^^ゞ
えっと、前置きが長くなりましたが、本題に入ります。
つーか、このサブタイトルはネットでずっと以前から見ていて非常に楽しみにしておりました、ゆえに期待感が高かったからか?作品評価はやや、低いです。
これは、前回のセブンが印象に残らなかったのに、作品の完成度が高かった点とはおおいに異なります。
まず、一つ、重大な展開ミスをしていますね。
それはメビウスが必死に、“涙”まで流して仲間を説得している点です。
それは、ちゃうやろ??
メビウスはメフィラスに夢?の中で「仲間に倒される」と言われたことに対してストレートに対応しすぎです。
今までも時々過去の作品でこういう展開はありましたよね。
ま、当方はティガファンでもありますから、頭の中をよぎったのはギジェラの『永遠の命』でした。あの時もウルトラマンは人間全てを敵に廻したような状況で戦ったわけです、しかし、何が人類を救うのか、を訴えていた。
が、今回のメビウスでそれはあったのか?仲間の絆を訴えることしかテーマがない、つーか、それが最終3部作への導入だからといえばそれまでですけどね。
ウルトラマンは一つに孤独さがあるからこそ、ヒーローなんです。1人だけでは戦えない、しかし、だれも他にウルトラマンにはなれないですからね、仲間の援護も欲しい。それはわかるけど、それを泣いて一緒に戦って~というのはちゃうやろ、とそう思ったわけです。
ま、最後に初代ウルトラマンも登場しますから、保護者あり、のメビウス自身の戦いを描いた、ということでまぁ、よしとしますが。まだまだ成長途上ですな、メビウスも。
ショーでは続編が綴れそうですから楽しみにしときましょう(^^ゞ
 *元投稿は 2007/04/15 (日) 16:47


第46話「不死身のグローザム」(3/3放送)

千早村 投稿日:2007/04/11 14:13

「セブ~ン!!」
いやはや、当方大ファンのウルトラセブン登場であります!しかも、変身前のモロボシダンこと森次晃嗣氏もダンで登場とあっては燃える!!、、、はずだったのですが、、、
う~ん、違う意味でなかなかの一編となっておりました。
よーするに、思ったほどセブンやダンが印象に残っていない、、、(''?
なんちゅうか、グローザム印象強すぎ、ってこれはヒョットしてアクターさん(寺井大介氏)への褒め言葉か?^^;)
作品冒頭に出てきた人間大のグローザムからしてなにやら摩訶不思議、ガウンにスパンコール?付いてるんやないん?←みょ~に可愛いデザインや、と思ったり(^^)。
それにしてもアクションノリノリでした、うへぇ~昨年のメビウス放送開始直後の和田メビウスとは全然違う!!←これも褒めてるんやから。(なんでも、ファンサイトの掲示板ではこの回で他の岩田メビウスや山本メビウスの癖を取り入れた?アクションをしたそうで、さすが『スタント』をも仕事としている役者さんだけのことはありますな。)
おっとぉ~話が作品からそれましたが、この作品、放送日に当HPのカフェ(BBS)にも書いたように3月3日のひな祭りの放送に合わせたような女性陣の活躍編でした。
この感想トップにセブンの印象が薄いと書きましたが、これは30分の間にメビウスとグローザムの激闘をたっぷり見せ、おまけに?セブンも出し、さらにはこの女性陣の活躍を、単に「華(はな)」扱いにせず物語として作戦や新兵器の効果を十分に納得されるだけの説明も入れ、しかもコノミちゃんの魅力をも描いているが故(ゆえ)のことだと思われます。
それもこれも監督さんを見てさらに納得、&セブン登場回を監督できた村石さんの渾身の作でもありますよね。
ちなみに村石監督はセブン放送当時、撮影に参加されていたそうで、セブンへの思い入れはワッシら以上かと思われます。そういう点ではもう、拍手万歳ですわね~(^o^)v
ま、チョット腑に落ちない点はメビウスの串刺しでしょうかね~。映像的にも衝撃度大でどうかなぁ~と思うのですが、ま、冷凍されていますのでね、グローザムの氷結剤が先端部分からメビウスに注入された、と理解しておきましょう。


続きを読む
第45話「デスレムのたくらみ」 ~ 第43話「脅威のメビウスキラー」
第45話「デスレムのたくらみ」(2/24放送)

  千早村 投稿日:2007/03/31 14:50

ミライ君、普通は人が子供のときからを経て見てくる人間のいいとこわるいとこを短時間で経験しているので大変ですね~^^;)
今回もガイズのメンバーを人質にとられ苦戦。それを知らない巷の人々の「人変わり」に迷う心。
それでもミライ君は幸せですなぁ~今回駆けつけるのはジャック兄さん、帰ってきたウルトラマンの郷隊員です♪
ま、チョット過保護かも~と思わないでもないですが、記念作品だからとめったにない演出ですよね~♪
しかしですね、平成ウルトラマンでウルトラ帰りした当方には他にも見所がいっぱいでした。
まずはティガのムナカタ副隊長がゲスト出演。ほかにもガイアのKCBが出てきたり、見せている画面にこれはあのときのアレを再現か?などと思うところも多々。アリガトね、村石さん♪
本編話に戻るけど、今回傷つきながらもジョージ隊員のメビウスへのアシストもグッドでした。


第44話「エースの願い」(2/17放送)

千早村  投稿日:2007/03/11 04:53

ま、正直ミライくん、よく耐えたなぁ~という感じでした。
ここしばらく苦しい戦いが続いてますね、しかしね~、あやさんの呼びかけは前回もありましたからね、ちょっとしつこかったですよね。さて、エースはリアルタイムで少しは見てましたがあんまり記憶にはありません、なので今回の怪獣ルナチクスはなんだか“かわいい”印象でした、特に耳がね~♪(ちなみに、我が家のニャンコの耳も好きなんです、柔らかくて、、、←なにやら、怪しい^^;)ま、あとはね~やっぱ今回もエースにええとこ取りされてましたね。いや、エースも昭和の作品のエースっぽくてよかったです♪いや、昭和よりカッコよかったかな?それにね~わっしらの年頃になると、夕子との再会シーンに「じぃ~ん」ときますわ、なんちゅうか、この気持ちはたぶん、恋人でもなく戦友でもなく、もちろん友人でもなく、、、しいていえば長く人生を(離れていても)共に生きてきた仲間としての愛しさでしょうかね~←実際はどうだかわかりませんが^^;)ま、再会を期してこれからの二人の生活にもより“生きがい”が生まれたことでしょう、どこかで二人の心は常に通じているのですから、、、



第43話「脅威のメビウスキラー」(2/10放送)

千早村 投稿日:2007/03/08 00:23

サブタイトル『初めてのデート』って感じでしょうか^^;)
ほんでもってよくあるパターンで初めてのデートで起こるハプニング!!知り合いにあって邪魔をされる、おまけにフォローを彼女がスマートにしてくれてホストであるべき彼の面目丸つぶれ。
ほんでもって、これは本意ではなかったものの、悪い奴が現れて彼女の前でええとこを見せざるおえなくなる。ところが『ええとこ』どころか自分の能力と同等の敵との戦いとなり、またまた彼女の前でヘタル彼。しかしね~彼は以前に彼女の知らんところで『男』を上げとったんやね、もっとも彼女にはそれとなくバレとったが。ほんでもってその時のことを思い出して彼を励ます彼女。ほほっ、恋愛ドラマやね~♪
いや、妄想がながくなってもマズイんでこれくらいにしときますわ。しかしながらメビウスはまだ『惚』の字も知らんのかな?いやぁ~カワイイ。こりゃぁ『兄さん』達もほっとかれんやろ。
影では「メビウスに『◆◆◆』を教えるのは俺や!」などとメビの取り合いをやっていたり、、、いやぁ~愛されてますな、メビウス。←だから、妄想は止めろ!って(-_-;)

いや、はい。
ということで、怒涛の兄さん登場序章でした。
過酷な試練はまだまだこれから!でしょうな。
メビウスを演じる、たぶんI氏の上手さに惚れた一編でもありました。放送当日カフェ(bbs)にカキコしたので、おって追記します~ほんではこの辺で~


第42話「旧友の来訪」 ~ 第40話「ひとりの楽園」
第42話「旧友の来訪」(1/20放送)

千早村 投稿日:2007/02/25 03:29

なんちゅうか、終盤へ向けてのゾフィのネタフリと、サコミズの怪しさを煙に巻いたような説明でお茶を濁し、次回への伏線作りに勤しんでいたこの回でした。
お茶を濁しといいましたけど、ホンマにサコミズ隊長がゾフィでないのかどうかははっきりとしませんしね。
それでいて、サコミズ隊長がかたる、ウルトラマンだけに頼っていていいのか?ふうのサコミズ隊長の真意にはそれなりの決意や危機感を感じましたけどね。しっかし、“旧友”として登場のタケナカ最高総議長に今回の印象の多くを持っていかれて感じも。
タケナカ氏に振られている台詞に制作者さんの『愛』を感じましたわ♪ということで?、メビウスのアクションについては何を言おうとしていたかも、今忘れてますや~m(__)m


第41話「思い出の先生」(1/27放送)

千早村  投稿日:2007/02/16 23:12

放送日にも書きましたが、素直に泣ける作品でした。
子供時代に素敵な先生に出会えた「80先生」の教え子達、みんな「大人」になってましたね♪それでいて彼らから慕われる80の喜びや如何に??
ちなみに「ウルトラマン80」は初回を見ただけで終わってしまいました。当時、ニジュウ?サイになってましたからね、大勢の中学生は中途半端な大きさの子供に見えましたね~??しっかし今回、この子供達がチャンと成長してました!拍手~!!そして意外や「80」の教師としての再会への逡巡が人間らしくってチトビックリ。その人間らしさが、終盤の再会場面での感動に結びつきましたね!
80はその後も本編を見ることはほとんどなく、今回登場のホーについても知識は全然ないのですが、学校が閉鎖になるという「悲しみ」へのマイナスエネルギーがホーに硫酸の涙を撒き散らかしている場面でも「ウルッ;_;)」ときましたですよ。ホーの気持ちを知ってかウルトラマンメビウスの戦いぶりにも優しさが感じられて“ほのぼの”バトルに思えましたが、如何でしたか~?

余談ですが、奇しくもこの番組放送日は当方の母校での同窓会でした。人それぞれに「矢的せんせ~~ぃ!!」と敬意を持って叫べる恩師がいらっしゃいますようにm(__)m
もちろん、叫びはしませんでしたが、当方にとっても恩師との時間はタイムスリップして子供の頃に戻った素敵な時間でしたよ(^_^)v


第40話「ひとりの楽園」(1/20放送)

千早村 投稿日:2007/02/07 02:19

同じ女学生を使った作品でも、36話の妹よりは演じる女性の年齢が上がった分、気持ちがよく伝わっていたように思います。>要するにナオコちゃん上手い!!&可愛い♪
しっかしね~せっかくのネクサスイラストレーターのゲスト出演だというのに、イマイチテーマの「1人きりの楽園」に生活する本当の淋しさ、というものが描ききれていなくて残念。
ソリチュラの怪我を手当てするナオコとの出逢いが終盤に物語として発展していないし。
でもまぁ、木にとらわれた人々がふつーの人っぽくて、そうでない怪しげな雰囲気でしたね、ひょっとしたら舞台とかで有名な方ですか~??
エンディングでナオコの説得ににっこりと微笑み返す少女の笑顔が素敵でしたね、&やっぱりあんまり巷の闇?に犯されていない子供心にほっとしました。
さて、今回ドラマ部分がやや多かったせいか、バトルは比較的あっさり。宙吊りメビウスにティガのギジェラの回をおもいだしましたが、そういえば作品の世界観はティガの一つの脳を共有するとかのイルドが登場する「宇宙からの友」に少し似ていたような、、、「メロンパン」もありましたしね~←ひょっとして、謎?ですか~~(^^;)



プロフィール

千早村2014

Author:千早村2014
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。