千早村2014 「NEXUS Cafe」
[再見録]を引っ越ししました、しばらくこちらを更新しようかな♪
06 | 2006/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屋外の魅力♪>三井グリーンランド05/06/12ウルトラマンメガフェスタ・他

昨日、30日に見たビデオです。
まずは朝食時、あまり時間がなかったのでノーカットで録画したものではなく、余ったビデオテープに見たいところだけ録画したものも別に残していまして、今回見たのは当日の3ステージ目、約20分。朝からの曇天がようやく晴れ間も出て明るいステージにウルトラマン達の戦いが栄えます。このステージ、見所がいっぱいあって大変?なのですが、ウルトラマン部分の見所だけではなくて、いつもこのシーンが来ると力が入るという場面があります。人間と接触を持ったバルタン星人、不審に思った仲間に襲われます。近くに居るのは自分の息子。多勢に無勢でボロボロにやられていても、息子を襲おうとする仲間を立ち上がれず膝をついたままの状態で両手を広げて行く手を阻む。いや、必死ですよ、父バルタンは。いやぁ~なんか、泣けるんですよね~^^;)う~ん、親子だなぁ~なんて。
ま、他にも見所はいっぱいなんですけど、それは、また見返した時にでも。
ちなみにこのショーレポはハーフムーンさまが投稿くださいました。
こちらにあります。→http://www.geocities.jp/chihayamura_m78fan/hm03repo/hm050618mgl.html

夕食時は、仮面ライダーカブト。
一変してハードな展開。
いやぁ~ウルトラ作品でおなじみの三輪ひとみさんが相変わらず美しい~♪
しっかし、展開がなにやらファイズの時のようになってきましたな?

んで、まだ、見ます。やっぱりウルトラで〆なくてはいけません^^;)
で、え~っと、円谷ジャングルの4月のステージ。メビウスが地球で戦いの洗礼を受けてます。
アクターさんが、誰やらさん好みの方。

で、DVDかけたついでなので、さらに見ます。←おぃ^^;)
次は前作の初見時ビデオ。好みもありますが、このステージのお芝居は好きです。
このストーリー演じる人によって、若干、受け取り方が違う。ま、ショーも奥深いですな。

夕食時2作品のステージでは、まだまだしゃべることもありますが、また、追って~。稼働中のHP内カフェ(掲示板)か駅舎(ブログ)で感想やらレポやらをやっております。


スポンサーサイト
***>ウルトラマンスタジアム04/09/**平日ショー「ネクサス」

今回のご案内は昨日、26日の夕食時の自家製ビデオです。ちょっと思うところあって見たのは上記。
う~ん、う~ん、なんと言っていいのやら??ま、アクターさんたちはよく動いてくれているのですけどね、、登場するのはウルトラマンネクサス、フック星人、ゴルメデ?やったかな、ギガス、んでバルキー星人。いやねぇ、、、バルキーちゃん、最近メビウスのTVでも見たし、やっぱ、「うぉ~バルキーや!!」←訳ワカランでゴメンm(__)mと楽しかったですよ♪それでも近々のスタジアムと比べると(-_-;)なんですけど、相方が「ほらぁ、この時の土日ショーはもっと★★(←消音^^;)やん」というので、思い出しましたわ、確かに平日版の方がよかったです♪しっかし、こうやって見ると、スタジアムの“歴史”がたどれるねぇ~(^^ゞ

ついでなので、他に見たもの。
ボウケンジャーの打ち出の小槌編。解っていても、つい、はまる展開です。対立し合っていても留まるところ、目的目標は同じ。しっかし、ドラマじゃなく、現実社会ではこのように上手く納まらないことも多々ありますよね、それはね、やっぱり人が持つ「資質」の問題でもあるかも。人間やから、長短いろいろあるやん、と言ってしまわないでせめて上に立つものがいい方向への規範を示せよ。最近ネット上でかなり呆れたことがあっただけにボウケンレッドがメッチャかっこよく見えたよ、見習えよ、●●プロ。


第15話「不死鳥の砦」 ~  第13話「風のマリナ」
第15話「不死鳥の砦」(7/15放送)

  千早村 投稿日:2006/07/26 22:43

感想が大変遅れて申し訳ありません。

サブタイトルにある、“不死鳥”とはこれまで幾多の異星人怪獣戦に諦めることなく戦い、それでも追撃、爆破に見舞われながらより強力なる機体と翼を目指して改良を重ねられた“歴代戦闘機”の事を言っているのでしょうか?そして、今回の“不死鳥”はガンブースターですよね!
歴代不死鳥を、不死鳥として送り出し続けてきた“砦”。それを守るアライソの心意気はわしらの心に心地よく響きます。決して過去だけにとらわれず、未来への希望を乗せて飛ばそうとしているわけですよね、機体と搭乗員を信じて!!
このテンションを冒頭の出撃シーンで、わけのワカランふざけた演出でぶっつぶしたのには、いくらなんでももうチョット方法があるやろ、と呆れて気持ちが折れましたが、その後のアライソ氏の熱意についつい釣られ、、、^^;)まずまずの作品となりました。しっかし、新型機の紹介編とはいえ、ガンブースターへの合体シーンはちょっとしつこかったですよねぇ?

などなど、突っ込みはありますが、物語前半に出てくるヒカリのカッコよさと、戦いに影響をうけたかのようなヒカリの地球上での危機?。ゾフィーの登場も声もよかったし、ゾフィーを相手に不安げなヒカリのお芝居もまたよかったです♪ここでヒカリが感じる不安は、エンディングでの変身前のセリザワが、人とメカとメビウスの連携勝利に光の強さだけではない何か、を感じているように見せる、その前振りだったのでしょうか?

さてさて、今回も山本メビウスです♪ミライ君の性格を表してか、グロマイトを前にしていてもなにやら、リュウのことが気がかりのようでしたね。新型機の能力に驚きながら?も、とどめのパンチを出す仕草がかっこええ♪
にしても、個人的には新型機お披露目にやや控えめなメビウスのバトルと見ました、またの派手な活躍を期待します。




第14話「ひとつの道」(7/8放送)

  千早村 投稿日:2006/07/18 04:15

メビウス作品全体のメイン展開の話ではなく、テッペイを描くサブストーリーのようですが、この番組を見ている親子の一つの未来像として将来どこかで思い出してもらえれば、というお話でした。
親の期待に応えたい一方で自分が選んだ道をも進みたいテッペイ。親対子、及びGUYSメンバー達のささやかな?葛藤を通して未来への夢を失わない方向へおさめようと人々の努力が多少いい子に描かれているとしても、とても後味が爽やかな一編でした。
テッペイの子供の頃のエピソードで親を心配して駆け寄る子を迎える母の喜びは、最後のシーンでテッペイの自らの将来への希望を語りそれを認める母が今度は自分の元を旅立っていくシーンにつながり、それに加えて目前でのテッペイの活躍が子供の成長した姿の喜びと寂しさを同時に表現していましたね。大田愛さんの脚本は現代の多少ゆがんだ親子関係を憂う気持ちから理想像を示したかったのかもしれません。

さて、メビウスの活躍。今回はオール山本メビウスです。メビウスに寄り付く昆虫?の大群を「ええぃ、面倒だ!!」と光線技で一蹴してしまわなかったのは、きっとテッペイの病院とか、周りの建物への配慮からでしょうか?
「活躍」というほどのシーンはありませんでしたが、動きはキビキビとメリハリがあって実際にはいない昆虫の大群に苦慮するアクションもなかなかです♪安定感のあるアクションにゆったり気分でメビウスを楽しめました、拍手~!!




【コメント追記】
1.りーまま
投稿日:2006/07/20 19:40

「母さん人待たせるのキライよ」ってあの台詞はじ~んときました。男の子の母って待つのが仕事のようなものでしょう。
「いつまでも待っているわよ」の意ですよね。

>山本メビウス
虫除けスプレーしてあげたかったですね

★ローリングなんでやねん
★君とはやってられんわ体当たり

ってどれなんでしょうね?!

2.千早村
投稿日:2006/07/26 22:52

>>1
>りーままさま
お返事遅くなってすいません~

 >>「母さん人待たせるのキライよ」
自分の気持ちの裏返りですかね~?
それとも、息子の成長に心で泣いて送り出した??

 >> 虫除けスプレーしてあげたかったですね
あはは、爆笑です♪それはやっぱりジョージの仕事ですかね~←根拠不明^^;)

 >> ★ローリングなんでやねん
 >> ★君とはやってられんわ体当たり

当方もさっぱりわかりませんや(大汗)




第13話「風のマリナ」(7/1放送)

  千早村 投稿日:2006/07/08 22:36

何、といって特には全体の展開にかかわるエピソードではありません。しかし旧友?のカドクラとのやり取りやGUYS適正試験でかつて出会ったリンコとの再会をからめて、マリナのGUYS隊員としての成長や「トラウマ」からの脱却を描き、なおかつGUYSチームのまとまりのよさ、信頼などが伝わる一編でした。
マリナが風を感じていたシーンはマジ“うるっ”だったよ。
上手くまとめてあるのは、さすが、村石監督だからか!!

村石監督といえば、お決まりの顔出し出演は「またぎ」か?と初見時は思ったのだけど、他サイトさんで知ったのだが、なんと、缶コーヒーのイラストになって登場だったのですね!あは♪
村石監督つながりで言えば、適正試験での女性との再会を演じていた女性登山家はあの、グランセイザーに出ていたんだったね、ぱっと見わかんなかったけど^^;)
ティガから10年、シンジョウ隊員を演じていた影丸氏はその後もウルトラ作品で活躍中で今回もカドクラを演じているのだけど、彼を見ているとそろそろ隊長とかでウルトラマンチームを引っ張って欲しいと思ったりして、、、いかが??ファンにはカッコイイシーンもあって満足だったかな?

さてさて、今回もマケット怪獣ミクラスの活躍が少しみられましたね。ミクラスのやるぞ!っていう顔がお気に入りですわぃ♪頑張れ、ミクラス!!
ほんでもって、今回のスーツアクターさんは和田氏。う~ん、放送開始当時より、少し痩せたか?見た目カッコよくなっている気がする、、、と喜んでみていたら「どひゃ(>_<)」なんですか?あんなにフラフラして空中から光線放ったって、当たりませんぜ(;_;)和田メビウス、ひょっとして吊りは初めて??そんなことはないよな?空中停止は慣れていないのか?
ま、そのあたりはかなり気になったのですが、いいところを持ってった感のあるヒカリがメビウスを救ってヤレヤレでした♪それにしても、ヒカリのあの顔はなんであんなに「やすらぎ」系なんだろ?ええ顔してるよね~今は戦っているけど、科学者としてのヒカリもかなり優秀な科学者だったように思えるよ、うん、今んとこ、とっても気に入ってます!!

*実はこの感想、昨日のうちに書こうと思っていたのに週末病?でやられちまったわぃ。しっかし、14話は山本メビウスで元気回復♪このように持ち回りでメビウスをやってくれると見続けようという気になるよ、是非続けてm(__)m



【コメント追記】

1.りーまま
投稿日:2006/07/11 22:15

あの吊りは・・・私もなんととってよいものか悩みました。
でも、あれでOKテイクなわけですよね・・・?えぇと。(^_^;)

そうそう!山本さん痩せられたような気がしますよね!
お身体の不調でなければよいのですが・・・(>_<)

2.千早村
投稿日:2006/07/12 06:07

>>1
>りーままさま
週遅れの感想にコメントありがとうございます(^^ゞ

 >> でも、あれでOKテイクなわけですよね・・・?えぇと。(^_^;)

あはは、「まぁ、ええか~」だったりして、、、←それは嫌だけど(-_-;)

>> お身体の不調でなければよいのですが・・・(>_<)
でもまぁ、“スペシャル西瓜割り”をなさるくらいですから、元気なんでしょう~頑張れ~山本メビウス♪
熱い戦い>コスタモール・円谷ジャングル6周年05/07/03<Nの奇跡・マックスの鼓動>

昨晩24日の夕食時のビデオです。
円谷ジャングルが移転予定とはいえ、コスタモール円谷ジャングルが閉店になるというと、やっぱり名作のステージは見返したくなるもの。
ノアザギのバトルステージがジャングル内のショーで始まってからほぼ一年。いろいろありましたなぁ~ってんで、TVで終了したウルトラマンネクサスにそれなりの決着をつけ、次作ウルトラマンマックスへのバトンを渡すような作品でした。いやぁ~なんちゅうか、ノアがネクサスでして。それが良いかどうかは別にして、ザギとのバトルを頑張ってくれました!!
ここコスタモールのステージでは初めて照明を入れ、会場を暗くして照明効果を際立たせた?(ステージとか、照明場所とかの問題で光の届かないところでの動きには辛かったところもありますが^^;)印象に残るステージでした!
はっ!
このショーを語るとショー以上に熱くなってしまう自分がいたりして、、、(大汗)

え~、この作品のことを初めて目にされる方はこちらの千早村のHPにレポがあります。→http://www.geocities.jp/chihayamura_m78fan/050703cost.html

*以前のアップ分でもせっかくいらっしゃっている方に捜せというのは申し訳ないので、わかるところには、リンクはっておきます。よろしければご覧下さい。


ウルトラマンノアとザギの魅力>円谷ジャングル04/09/05ヒーローステージ




さて、22日の夕食時のビデオです。
まず見たのは当日のウルトラマンメビウス16話「宇宙の剣豪」このお話はかなり好きになれそう、感想は追っていつものところにアップします。

んで、続きの自家製ビデオは一昨年の円谷ジャングルでのノアザギ戦。このストーリーではネクサスのお披露目やらがあったので何回となくジャングルへ行っており、おかげでアクターさん違いで何種類かのノアザギ戦が楽しめます(^^;)今回見たのは9月5日のもの。何が目当てで見たかといえば吊るし上げノア←イジワル?^^;)。この時のザギのアクターさんはたぶん、このお話初日でノアを演じていた方だと思われます。いやぁ~ザギかっこよすぎ!そのザギを相手に奮闘のノアにも思わず感情移入できてウレシイ一作です。


やっぱり広いステージはええなぁ~>05年「ウルトラマンメガファイト」@ひらパー

アチコチで自己紹介するときに言ってますが、我が家では夕食時のTVは自家製ショービデオか、TVの特撮番組をかけています。

20日の夕食には久々に昨年春、ひらパーで行われました「ウルトラマンメガファイト」の初日ステージの2回目を鑑賞。
ショー内容は、他のブログ「駅舎」→http://m78fan.cocolog-nifty.com/station/
で紹介してますので、ご覧下さい。

まぁ、久しぶりに見ましたけど、普段円谷ジャングルで活躍中のウルトラマンアクターさんたちがそのまま登場しているので、カッコええことにかわりはありません♪
ネクサスはアンファンス、ジュネッスともによかったし、注目の?メフィストもメッチャええで~!!
脇役とはいえ、ゴース星人も上手かったです。ん、満足!!

頑張ってショーを売って、是非またひらパーでウルトラマンのショー見せてくださいm(__)m>ウルトラマン事務所さま

え~実は、他にも見てます。
TVのボウケンジャー。

まぁね、悔しいよ。
なんで戦隊なのに(←ファンの方ゴメン)こんなにキチンと作ってあるのん??
仲間に入るシルバーの心の動きがよく描かれていてよかったです!!
ちなみにシルバーのオトーサン役の方は、ヒーロー番組出身なんだそうですけど、わっしらウルトラファンにとっては、「ウルトラマンダイナ」のチェーン星人ですわな、なつかし~(^^)v


ご挨拶m(__)m

うへぇ~(+_+)ブログ一体いくつHPに貼り付けてることやら~汗)なので、ここへは一言感想でも書いてみまっか。→メインHPはこちらhttp://www.geocities.jp/chihayamura_m78fan/

☆→写真は円谷ジャングルでのもの。転載禁止でお願いします(C)2005/2006円谷プロ・CBC
☆一言感想のメインの対象作品は、なんと♪「ウルトラマンヒーローステージ」。ショー感想やお話の紹介はメインのHPでやっていますので、ここでは毎日どれか見返しているショービデオの一言感想を残しましょう。ま、何を見たか、何回見てるか、などの記録くらいにはなるでしょう(^^
あ、ウルトラマン以外やショー以外のTVなども気が向けば書きますね。


第12話「初めてのお使い」 ~ 第10話「GUYSの誇り」
第12話「初めてのお使い」(6/24放送)

  千早村  投稿日:2006/07/04 21:44

予告編を見たときからお話の流れが見えるエピソードです、しかもいつも“お笑い系”をやっているトリヤマ補佐官が主役なので、おのずからマジな展開には持っていかないだろう、と思っていたらやっぱりそうでしたね~(+_-;)ここは一発、トリヤマ補佐官の意外な側面を見せてくれてもよかったかも、ほんのワンシーンでいいので。そうでないと、ほんとうにここの組織は大丈夫なんだろうか?って思われますよ、そんなところはきっと子供達も分っているよ、これだけ露出度が高いのに、人物背景を考えていないのかな、シリーズ構成者は。全編をほぼトリヤマ補佐官でやろうというのなら、これまで視聴者が知らなかったことを少しくらい踏まえて話を作ってよ、40周年記念作品だろうがに?単に40周年なだけでなく、50周年を作れる布石となる作品にしようと思って欲しいよ。
もっとも、そう思ったのは見返した時くらいで、初見の時は、かなり気楽に楽しみましたよ♪メビウスも山本氏が最初から最後まで演じていたしね(^o^)v
ま、バトルシーンから言えば、ナイスコンビネーション!普段の息のあったところが見てとれますよね~お互いの距離感とかがわかっているからでしょうかね~?相変わらず「ウルトラファイト」かと思うようなバトルでしたが、時間の長いところを恵比寿さまの持つ「鯛」を相手にバトルに面白みをだしてました。なんてスピーディーな動きでしょ!見ていて心地いいですよ、バトルもサクサクと進むし、あの恵比寿さまのお顔から想像できぬ強さです!!いやぁ~満足でしたわ、久々にバトルシーンOKでやんす♪う~ん、一言いえば、山本氏、前からそんなに細かったか?もうチョット筋肉つけて欲しいかな?
そういえば、、!!!!←期待度が高いので!マークが多い^^;)
なんと!!!和田メビウス氏がなにやら頑張って練習参加しているらしいよ。先日はあの平成ウルトラシリーズを成功させた理由の一つに語られている二人のスーツアクターさんのお一人と会われている模様。ん、楽しみになって来た。当方はGティガなどが好きだったけど、Nウルトラマンもそりゃぁ、ええよ!!特にNウルトラマンを何度見ても「ええなぁ~」と思うのはOV版でのティガ~ガイアまでかな、氏のウルトラマンを見ていて感動するもん。ぜひ、先輩ウルトラマンを追い越して、感動の和田メビウスを見せてください!
あ、いやいや、話がまた逸れてしまった^^;)
え~っと、そうそう、12話を見返していて気が付いたこと。
実はトリヤマ補佐官がカプセルを落とした時に、車の中で運転手さんがその様子を見てたんだよね~(>_<)第一報告者は彼かも~^^;)



第11話「母の奇跡」(6/17放送)

  千早村 投稿日:2006/06/20 22:16

ウルトラマンヒカリとマケットウィンダムのお披露目ばなしです。
なので、話の展開はイマイチ進んでいません。
え~番組開始そうそう、蚊の大群のように飛ぶディノゾールにはびっくりでした(@_@)あれだと、地球上のどこかにも多々現れているような気もしますね~(^^;)いっそうのこと巨大な蝿たたきでパチンとぶっ叩きたくなったりして。
あ、いやいや、変幻自在←ちょっと表現が違うかもしれませんが^^;)な能力が素晴らしい?このあたり、あんまり突っ込みません、風変わりな敵は大好きなんで。

ほんでは、今回の不満点です。
母の奇跡=なんらかの理由付けが欲しかったですね、単に「死を望んでいない」というだけでなく、たとえば、映画のウルトラマン・ザ・ネクストのように、体を貸しているものと借りているものとの会話とか。現にツルギもセリザワ前隊長の意思を感じていたわけですから。なんらかの地球を守るという根拠になる話をセリザワからして欲しかったですわい。なので、ヒカリになったウルトラマンにイマイチ感情移入ができない。
んで、メビウス。ヒカリの姿をみたら、もう少しリアクションしてよ。
ま、わっしらは制作者じゃないですからね、単に素人考えですけど、今までのウルトラマンを見て比較してしまうわけです。
ま、状況描写のカットとかは、まずまず必要な所は入っていると思うんです、しっかしですね、そのカットがあまり生きていない、なんかもう少し表情だしてよ、とそう思うのです。
ヒカリの登場に不満はあっても、リュウを助けた時のヒカリと、戦い終わってリュウを見つめるヒカリの表情は違うように見えるのは単に見る側の気持ちの違いだけですかね?
その違っているように見えるヒカリからメビウスにカメラが動きますよね、んで、なにかメビウスがヒカリに対して思っていることがあるはずなんですよね、でも、それが伝わってこないんですよね、これはね、メビウスと一緒に「よかったね♪」と喜べないのですよ。そのあたりが見た後の満足感にならないのですよ。
メビウスの動きの不満は徐々に減ってきているので(相変わらず側転へただなぁ~と思いますけど)もう一息頑張ってくださいよ、和田メビウス!


第10話「GUYSの誇り」(6/10放送)

千早村 投稿日:2006/06/12 22:32

登場する怪獣はボガールモンスのみ。先週のお話で大爆発を起こすと設定されちゃっているから倒し方が問題。予告編を見る限りでは感動作の予感。

ま、期待を抑えて見たつもりですけどね、途中での突っ込みどころがクールダウンに拍車をかけた、つーか、、、?
ミサキ総監代行が説明するミッション、しかしね~メビウスが現れたらウンヌンと質問を受けた答えに不満。ま、ミサキ総監代行がどんな謎の本性をもっているかは別にして、GUYSという組織にいるものとしては、「メビウスが現れるのは想定外です」くらいの答えがホントのとこじゃないの?あるいは、「GUYSとしてボガールモンスから地球を守るべく作戦を立てております」とGUYSの心意気を見せてもええんでは?少なくとも、いままで共に戦ってきているメビウスの命を「守る」ことの想定外とするのはGUYSの総監代行の言葉としては不適切ではないかい??
と、ここで少し、心が冷えた。

さらに!!
いやさ、予測できたけど、やっぱりサコミズ隊長の「希望を探す」というサジェスチョンはなかなかグッドだったよ、しかしだね、なんでそれにミライとリュウが参加しない?
みんなの「GUYS」だろうが!!
せっかくそれぞれの隊員が頑張っている描写をしながら、それに二人が加わらないのか?!
なんらかの協力をしてこそ!だろうがに?
ここでさらに、熱が冷める。せっかく少しは持ち直していたのに。

いやぁ~それはそうと、このお話、ラストのバトルに時間をかけたかったのか、CMがどんどん短い時間を置いて入ってましたね~^^;)
んで、お約束のダブル変身!!ツルギよ、借りた入れ物が間違っていたのかもね^^;)
セリザワ前隊長でなければ、復讐はなしとげられていたかもよ?ふふふん、「限界が来ている」というのはひょっとして借りた入れ物がもう少し若ければもっと頑張れたのかも?リュウに邪魔されなかったかもしれないし、、、ま、なんでこんな余談を入れたかというと、ダブル変身にやっぱり違和感。ルーキーに諭される科学者ウルトラマンなんてあんまり見たくない。

でぇ、バトルシーン。
う~ん。これだけの時間をバトルに割けるのなら、もうチョット描き方があってもいいのでは?たとえば、どちらかのピンチを交互に助けるシーンとか。それでより気持ちが通じるとか。映画のコスモスvsジャスティスの時みたいな。
今回は出演者に山本氏もクレジットされていたから楽しみにしていたけど、見たところほとんどが和田メビウスでたぶん、山本氏はCG部分の動きをやっていただけかもね?しっかし、一部え?岩田ツルギには見えんなぁ~というシーンも。変身直後のツルギの動きとか?ま、それはさておき、とりあえずボガールモンスを倒し、メビウスもツルギを抱かえて脱出、しかし、というシーンです。
むぅ~ん、ツルギ上手いっ!!やりますなぁ~
ま、ウルトラマンは人間ではありませんけど、それでも、あ、やばっ、死んじゃうかも、、(;_;)って見ているものにわからせる。いや、緊張感あります、ここでもう少し「ええっ??」という表情がメビウスに欲しかった。これだと、「あ、やっぱり死んじゃったよ、」という演技に見えますよ。
ん、叩き過ぎですかね^^;)

いやまぁ、2度目に見れば、なかなか事細かに密度高く練られたお話だと思いましたよ、30分によく押し込んでいます。褒めていらっしゃるところは多いでしょうから、ここで気分を悪くなさった方はまたそこで気分転換なさってください。

ウルトラの母登場でアクターさんネタも書きたいですが、ま、次回も登場することでしょうし、今回はこれにて。


【コメント追記】

2.りーまま
投稿日:2006/06/13 22:06

>>1
あは。まだまだ和田メビウスには手厳しいですネ☆

> 今回は出演者に山本氏もクレジットされていたから楽しみにしていたけど、見たところほとんどが和田メビウスで

やっぱりです?!私もどのシーンが山本さんなんだろうとついつい見入ってしまいます。けして関西人ばかり贔屓しようというのではないのですが・・・(^_^;)

と、岩田ツルギ。相変わらず岩田さんの双肩の所作や後姿、吊り姿(”吊られ”ですか)がスキなので見とれちゃうのですが、残念ながらお話やキャラクターとしてのツルギに心魅かれるものが足りません・・・
アクターさんの個性とウルトラマンの個性とお話の中での位置が合致しないせいか?「へ?今の岩田=ツルギ?」と思うことがあります。

ちょっとずれましたが、まだ10話、もう10話?
楽しみに見守らせていただきます~(>_<)

3.千早村
投稿日:2006/06/20 22:27

>>2
りーままさま
カキコありがとさんです(^^ゞ

「メビウス」TV放送が始まるやいなやから、ショーステージでメビウスを見ていますのでね、つい、比較しちゃうのですよ。
ステージのメビウスはそれぞれいくつか違うメビウスですが、違いが判る、というか、アクターさんがこういうメビウスを表現しているのだろうな、とそれが伝わっているのですよ。ジャングルにせよ、スタジアムにせよ。
それなのに、TVのメビウスにそんな魅力を感じない、というのはなんでなんでしょ?
単にアクターさんの問題だけでなく、どういうメビウスを子供達に届けたいのか、チャンとアクションシーンを考える時に踏まえているんでしょうかね?
最近、バトルシーンが長くて、ショーファンにはウレシイはずなのに、そのバトルが単に長く派手でしかないのなら、ウルトラファイトと一緒なんですよね、せっかく時間をたっぷりもらっているのなら、バトルシーンで何を見せたいのかもっと吟味して欲しいですよね、、、鞭打ちのシーン多いし、、、○○ファンにはウレシイのだろうか??←何ファン??(^^;)



プロフィール

千早村2014

Author:千早村2014
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。