千早村2014 「NEXUS Cafe」
[再見録]を引っ越ししました、しばらくこちらを更新しようかな♪
11 | 2006/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お口直し<05/01/09ウルトラマンランド「ウルトラ時代劇?←タイトルわからん」他

水曜日の夜に晩飯のお供に話題(←には、なってないかも^^;)のナンヤラGの最終回を見たのは失敗やった、特に「晩飯」には不向きで、、、お子様向けを見慣れているものにはチト映像が過激(;_;)
ってんで昨夜は穏やかに少々早めの正月気分?と上記時代劇をば。
いやぁ~楽しい、こうやったら大きいお友達もチビッコも楽しんでもらえるんじゃないかと色々工夫してくれてるのが伝わってきますよ!こちらは後で評価UPのタイプです。
アクターさんのかっこよさの見せ所とか、ちょっとした体の動きでカッコよく見せてるところとか、いや、マジええアクターさんを揃えていると思わせました。あの動きは、やっぱり長年やってないと出来ないでしょうなぁ~?「上手っ!!」と何回口をついて出たことか、、、←褒めすぎ??

来年の正月イベントもこれ以上の出来を期待したいところです←鬼^^;)

他にも何時やったかのランドのステージを見てたら、もうエクリプスがカッコよくてね。
手足指先までピシッと伸びて動きも大きく、あのランドの大きなステージなのに敵味方二人のウルトラマンが出てきてると全然ステージが広く感じないほどです。
この満足度を与えているのは「ウルトラマン」だからこそ。
アクションの出来るアクターさんには是非ステージでは「ウルトラマン」でカッコよさを披露ねがいたいもんです、それが「ウルトラマンランド」のすべきことだと思うから←苦言?

ほんでもって、まだ見ます。(←一応仕事納めも済んだので羽広げ^^;)
今度は12月のひらパー、ズバーンが活躍のボウケンジャーショーです。
これはね~ウルトラマンではあまり見ることができない、剣殺陣が見事!&終盤の敵vsシルバーやズバーンを含めての1対7の大立ち回り?も敵役のアクターさんの実力が計り知れますな。
こういうのは、マジ、後でも何回か見返したいステージですわ♪


スポンサーサイト
印象が変身、ではなしに変心<06/10/15ひらパー「ウルトラマンメビウスショー」

現地で見た時の満足度や印象はあとでビデオを見返すとエラク違ってくるのに当たることがあります。
上記の作品もその一つ。
現地で見ているときはアクターさんはカッコええし、バトルも決まっているし、満足やったんですが、見返してみると、どうも話の展開がちぐはぐというか、流れがスムーズでないというか、、、エンディング近くの盛り上がり場面でかかるバックの曲が素晴らしく上手く流れているのに、状況がそれに付随していないというか、、、やられの理由付けとかがやや、浅いのかなぁ~?
いやさ、せっかくのアレだけの広さのステージなのに、、、
登場人数も違うからかも知れんけど、12月のボウケンジャーのステージのよさに比べるとチト今後見返す回数はボウケンに軍配をあげるかもよ。

*その後見た某ウルトラステージ(←何?)のサクサクと進む展開のよさに最近そういう流れに出会っていないなぁ~と思う、、、そういいながらも、スタジアムの先日の「雪のぬくもり」はそういう意味ではサクサクとした展開だったかも、ん、こんなところで回顧06をしてはいかんのだけどね、、、(^^;)


爽快感♪<円谷ジャングル05/10/30「君達の未来へ」

何回も見ているので、↓にも書いてますが、この時のステージはホンマええです♪
http://blogs.yahoo.co.jp/chihayamura_m78fan/22700037.html
実はこれを見ると新ジャングルでショーがないのがメッチャ淋しいと思う。

ま、これに限らずね、握手撮影会だけだと光の相互交信がどうも弱くなりますな(;_;)←しつこい??^^;)


ウルトラの父のサンタ姿<円谷ジャングル05/12/25「クリスマスの約束」

ま、他にも見ているのですが、時節柄これで(笑)
なんで急に見返したかといえば、TVのメビウスで父を見たから。
いやぁ~TV父、マントさばき、見事にカッコよかったですなぁ~。←チャンと感想書けよ(-_-;)
で、こちらはショーの話の内容があんまり好きでなかったので見返す回数もすくない一編です。

ショーレポがたぶんないので簡単にレポすると、、、
テレスドンに襲われたブースカを助けたマックス。
ブースカがお礼をしたいとお姉さんに相談し、クリスマスパーティに招待することに。
客席のお友達にお手伝いをしてもらい、ステージにクリスマスの飾りつけ。

それを見て自分のパーティを始めるから、と、ケットル星人が飾りつけを外しメチャクチャに。
それを止めようと来たマックスの“ヤル気”をケットル星人が巨大注射器で吸い取ってしまう。
“ヤル気”を削がれたマックスは戦う気力もなしに脱力状態。
&ケットル星人はそのヤル気をテレスドンに注入、暴れるテレスドンにケットル星人はやられてしまう(爆)テレスドンはお友達が飾ってくれたリースまで壊そうとする。必死にテレスドンに立ち向かうブースカ。しかし、、、それまでに登場していたマックスのヤル気は元に戻らず、、、

で、ですね!!
ウルトラの父が助っ人に!!
で、会場の元気を貰い、マックスも回復、テレスドンを倒す。クリスマスパーティはまた追って行うことに、、、残った飾りつけを外すのを手伝うマックスに“素”を感じたりして、、、^^;)

などと書いていたら、ヒョットして駅舎にこのレポ書いたような気も・汗)

この日の父もカッコええ!!つーか、みんな動きもよくってええステージでした。
このあと、握手会に父がクリスマスサンタ姿で登場♪
なんかね~、「一般的なクリスマスの巷の父」らしい、ええ雰囲気の父でしたわ!
アクターさんがホンマの父になっても、たぶんええ父さんになるやろな、とそんな雰囲気でした(^_^)v

えっと、この時の写真はなかったんかなぁ~??さがしとこ、、、^^;)

p.s.新ジャングルでのクリスマスサンタ姿のウルトラマンが握手&撮影会だけというのも、やっぱり淋しいかなぁ~
そういえば、このショーのときも会場のチビッコの「ガンバレー」の応援の声が多くて、この声を聞けない新ジャングルのウルトラマン達の心のパワー不足が気になります。どっかで、充填して来てね♪


納められないショーレポ<円谷ジャングル06/10/01「未来への旅立ち」

円谷ジャングル貝塚店が閉店した後すぐに、このレポは絶対アップするから、、、と宣言はしたものの、、、いや、PCには流れを書いたレポは出来上がっているのですよ。しかしですね~これをレポに仕上げようとすると、どうしてもこの台詞で涙が出る、つーとこがあるのです(;_;)
そうするとね、このレポをどう仕上げるかで迷う。
ま、言い訳なんですけどね。
テキトーに仕上げるのなら、すぐにでも出来るけど、こればっかりはそんなアップの仕方をしたくない。
ま、そんなことで迷っているワッシを笑っておいて、、、(泣)

え?「ここ」やろって?
いや、ステージに限らず、生きていれば何かにつけ、どこかで誰かに何かを貰って、どこかで誰かに何かを渡しているんですよ。


キリエロイドに彼女はいない?<2000/10/? 奈良ドリームランドライブシアター「悲しき光への鎮魂歌(レクイエム)」

11月のウルトラマンスタジアムでティガダークを見てから一度見返したいを思ってました。
しっかし、今回見てたら新たな突っ込みが、、笑。
いや、このショー作品自体はかなりマジな好作品ですよ。でもさっ♪

ショー内容はカミーラのティガへの怨念の力を利用し、ティガを葬るべくキリエロイドがカミーラを蘇らせる。
しかし、カミーラのティガへの「愛」は怨念以上に強かったのだ!
倒しきることができずにティガをダークの姿に変えたもののバトルは混戦もよう。
最後はティガに放った光線をカミーラが自ら受けてティガを守る。ティガへの思いをエネルギーに変えてダークからマルチへ復活のティガが敵を倒す。仲間の80、ユリアン、ダイナがお話に登場してティガを支える。
まぁさ、カミーラを利用しようとおもったものの、「女心」はよく解らなかったんやね、キリエロイドは。う~ん、あのオーバーアクションゆえ、彼女はいなかったのかもよ。

あ、マジなショーレポはHP内のどっかにあります。
いやぁ~アクションも楽しめました♪
奈良ドリのあのウルトラマンタウンのエリアだけでも期間限定でイベントやらない??


愛とか勇気とか、、<ウルトラマンティガ「拝啓ウルトラマン様」

珍しく映像作品です^^;)
メビウスでムルチの回を見てからこれを見たかったのだ!!
ま、作品感がどうこう、というのはムルチ作にあんまり思いいれがないから対比はしない。
ただ、ティガのこの作品が放送されたころ、“孤独感”が通じているとか言われていたようなそうでないような、、、(汗)
もうね、これは名作ですよ!
言い出すと、たぶん、終わらないと思うので、止める(爆)
ただね~見ていて泣きそうになるのは終盤敵にやられるティガに思わず自分をかなね合わせる超能力者。
黙々と戦うことで信頼を勝ち得たようなティガがいとおしい。それも、「愛」のため?

この超能力者が最終話であんな活躍をしてくれるとは、この時作品を撮っている時には思いもよらなかっただろうなぁ~。

メビウスが来春終わって、ウルトラネタがなくなったら「ティガ」考察をやりたいかな、ま、ウルトラマンを忘れないためにも、、、


息詰まるアクション<05/06/12三井GL「ウルトラマンメガフェスタ、ザ・ラストムーブメント」

ショーを見に行って撮るビデオはお姉さんの挨拶など全部入れているものと、テープの残りに合間合間に見たい場面を細切れで撮っているものとがあるのですが、当然短い分はアチコチのDVDの端っこに納められ見たいときにどこにあるのか解らなくなってます。たまたま他の作品を見ていて、あ、ココにこれがある!と発見して見たのが上記。この日の3ステ目。全編は入ってませんが、このステージ、今でも全編も時々見ているくらい見ごたえあり。特に後半、マックス登場からティガダークとマックスのバトル、それに続くコスモス&ジャスティスとティガダークの戦い部分は、次々とテンポよく続くアクションに息してる間もありません。その後もネクサスvsデスバルタン、&マックス参加の共闘とかも目が離せん(喜)いやぁ~ええなぁ~~♪いつかまた、このレベルのステージが見たいですわ、是非お願いしますね!!
ちなみにこちらのステージレポは終盤時の若干別バージョンですけど、ハーフムーンさまよりレポをいただいております。こちら→http://www.geocities.jp/chihayamura_m78fan/hm03repo/hm050618mgl.html

*ついでなので、さらに端っこに入っていたのは、同年7月のコスタモールジャングル6周年ステージ、あのノアザギ戦&マックスお披露目戦です。これも2ステ目を別の場所から撮っていたもんですが、いつも見ている3ステ目とはまた違った味わいでなかなかグッド♪昨年前半はマジええステージにどっぷり漬かっておりましたな(^o^)v


う~ん、長かった(^ -)<05/05/15ウルトラマンスタジアム「まだ見ぬ未来へ」

チョットゆっくり時間があるかも?などと持ち出したこの作品。
しかしね~、なんか途中でダレル。
現地で見ている分にはなかなか良かったのだけど、説明の台詞中動かんし、、、それ見て笑っちゃったし。
今はそうでもないけど、この頃は長くてイマイチ見ているほうのテンションが続かんのが多かったなぁ~
そういえば、そろそろ『回顧'06』やらんと、、、

あ、この作品の簡単レポはこちらまで→http://m78fan.cocolog-nifty.com/station/2005/05/post_4b8d.html


たまには浮気もええよね~<<しらぁ~^^;) <06/03/25和歌山MC「ボウケンジャーショー」

ウルトラマンのショーステージがお気に入りではありますが、まぁそれ以上のステージをT映系さんで見せていただくこともしばしば。
この↑ステージも満足度のひじょ~に高いステージでした♪アクション魅せる、見せる!!
ウルトラマンのステージでさえなかなかレポはアップできないのに、感想だけでもだらだらと書いちゃうというのは一体何??
お、そうそう、この感想はこちらにアップしてます→http://m78fan.cocolog-nifty.com/station/2006/04/post_325f.html

さぁてと、、、年明けの名古屋ドームは、もし、ウルトラ系のショーがなければ行ってこようかな♪

ほんでですね、やっぱり浮気の後はチャンとメンタル面でもフォローを。ってんで、今年の円谷ジャングル「未来への挑戦状」の10分ダイジェストを見ましたよ。これ、何時撮ったんだったっけ、もう、マックスにしろ、怪獣さん達にせよ動きが良すぎて、早送りしているわけでもないのにアクションが早くて見えないよ!!(@_@)
壁にぶち当てられるマックスがマジ痛そうだったなぁ~(>_<)


強がりのコスモスと怖がりのジャスティス?<03年春・ひらパー

チョット前にコスタのレジェンド初登場のショー再見したことを書きましたが、それつながりでこのステージ。実際ビデオにかけたのは5月くらいの3月に次いで2公演目のステージ。
コスモスエクリプスとジャスティスの力強い共闘は見ごたえアリ。
しっかし、最初から最後まで相受け入れないふたりの考え方。ゆえに、確かショータイトルも「それぞれの正義」やったかな?
不幸な事柄が起こってしまっては元も子もないと心配性=怖がりのジャスティスと、なぁに、話せば解る!!と大胆に敵に挑むもいつも最初はやられてしまって、「話せば解る」が強がりのええかっこしぃに見えるコスモス。どちらも中庸を行くことなく徹底的に信念を貫くつもりらしい。そんな二人を繋ぐための客席からの応援の声に力がこもる!!
春先から夏の映画に向けての「話題を先取り」したええステージでした♪


ノアに惚れた?日<2004/5/5オスカードリーム「ウルトラマン&ウルトラマンノアショー」

ノアが好きやからね、ええポジションで撮れなかったのですけど、このステージもお気に入りです♪
なんといっても話が分りやすい。このお話レポかいてないですけど、いつか書きたい。そりゃぁ「感動物」というわけではありませんが敵役の掛け合いがやや漫才チック。
狭いステージでの初マン&ノアの活躍や終盤の初マンvsフォーガスのバトルも見ごたえアリ。
なんといってもノアの動きのきれいさが目立ちます♪


第33話「青い火の女」 ~ 第31話「仲間達の想い」
第33話「青い火の女」(11/18放送)

  千早村 投稿日:2006/12/03 03:22

お話はテッペイ君がメイン。大学の先輩に妹・ミサに取り付いた怪しげな炎を取り去ってほしいと頼まれる。しかし、彼女にとりついていたのはフェミゴン。一体化度が高く、分離が難しい中、テッペイは分離のための新たな機材の開発に頑張る、彼女のために、後悔しないように、精一杯、、、たとえダメだったとしても彼女を想う彼の気持ちに変わりはない!?
途中、好アドバイスを与えるサコミズ隊長がGOOD♪彼女が乗り移ったフェミゴンをいたわりながらも被害を少なめにすべく戦うメビウスも雰囲気が出ていてよかったですよん。
といいつつ、なんだか緊張感がイマイチだったかなぁ~(^^;)
あと、突っ込み。ミサの彼氏よ、ふつう、こんな状態ならもっと彼女につっききりで介抱せんなんのんとちゃうかぁ~??


第32話「怪獣使いの遺産」(11/11放送)

  千早村 投稿日:2006/11/29 23:02

ははっ^^;)すっかり時間が経ってしまい、他さんでもいろいろ言われているようなので、わざわざワッシが感想を述べんでもと思うのだけど、ナンカ書いておかねば次に進まんしね、、、大汗)

当方はこの前作はリアルタイムでは見てません、んで、“ウルトラ帰り”してから評判を聞いて見てみました。う~ん、それほどの思い入れはない作品です。

だからというわけではないのですが、新作もまずまずの印象です。メイツ星人の「頭ではわかっていても、憎しみがナンヤラ~」という台詞も全く地球人だって、そうだよ、と言いたくなる位で、彼の心の葛藤も読み取れましたし。また、エンディングでの握手に関しても彼なりの妥協点だったとおもわれます。
ま、しかしですね、前作を知っているからこそすんなりと受け入れられた場面でもありましたが、時間の推移がよく解らんままに話が進み、最後になって、「あぁ、あのピアノ?の練習帰りの女の子は園長先生やったんか、、」と分ったくらいです。
もうチョット違う攻め方もあったんではないかと、、、?
それにしても、メイツ星人を演じている方は上手かったですね!!ただ、前作でも勝手に地球へ侵入して誤解から不幸な結果を招いているのですから、今回はチャンと挨拶くらいはして地球へ来てほしかったと思います、不審者としか受け取られないですよ。
えっと。バトルシーンは、物語の進行に気を取られてあんまり印象に残りませんでしたね、チト残念。でも全体のトーンが押さえられていて、なおかつ、選曲もよかったし、それなりの作品感を盛り上げていたと思います。って、ありふれた感想かもしれませんが、とりあえず、まぁ、よかったよ♪ってことで(^^ゞ



第31話「仲間達の想い」(11/4放送)

  千早村 投稿日:2006/11/14 21:51

一言でいえば、「ウルトラマンメビウスバーニングブレイブの秘密」編でしたね♪~←それほど大層な秘密でもありませんが^^;)

仲間の熱意がメビウスの胸に炎を灯す。一人で戦っているのではないという部分を強調したいのでしょうか?

それに至る状況説明に「みんなでお祝い、サコミズ隊長♪」とか、間違っちゃったコーヒー豆ならぬ、みんなで歳の数だけ食べよう豆まき、とかの様子で釣っといて、隊員全員参加の力を合わせて攻撃!!に落としたのかな?ま、よくぞ贅沢に30分を使ってくれた、と思いましたけどね。←イヤミ(-_-;)

前代見聞のウルトラマンバレですが、ミライの台詞で過去作品を思い出しちゃいましたよ。

「リュウさん、僕は行きます!!」

心当たりありますか?
すぐに頭に浮かんだのはガイア終盤、今回と同様にウルトラマンを名指しで呼び出される我夢。
あの時の状況&テンションと大違い。
同じウルトラマンバレなんだけど、コッチはなんだかヌルイね。
まぁ、楽しく仲間意識♪という見せ方をしたいんだったら成功していると言えますが、ワッシはチト物足りんよ。

今回は絶妙なタイミングで助けに出てきた、マケットファイヤーウィンダムにちょいと美味しい所を取られちゃいました。
しっかし、メビウスもカッコよかったし、まずはOKとしときましょうd(^_^)
懐かしの『闇』<2005/11/27ウルトラマンスタジアム




まぁ、今年の闇にも十分満足はしたのだけれど、なんか、ノアザギが物足りなかったかな?などと思い、昨年の『闇』を見返してみた。もっとも普段見やすいように30分に短縮したダイジェストだけど。
通しては見ていないからチョット違うかもしれないけど、う~ん、ウルトラマンの数だけでいえば昨年の方が豪華。でも、前半のダイナやティガ、ガイアを丁寧に描いていたのに比べると後半は少し駆け足ですね。そうはいっても、全体を見ている分には不満はありませんけど。
先日少しカフェで話したけど、このステージでザギをやっつけた後、ノアがなにやら想いをはせるシーンがあってね、んで、その横にいるダイナが他の事を気遣っていて、、、そのシーンがねぇ、なんちゅうか演じているアクターさん以上にウルトラマンの存在を感じさせるんだわ、ウン。
こういうのはねぇ、マジ、ウルトラマンを見ていてよかった、というか、う~ん、幸せなひとときなんですわ。それはたぶん、アクターさんにとってもね、上手く言い表せないけど、、、(^^;)
*後でその写真をここにアップしておきます~♪




プロフィール

千早村2014

Author:千早村2014
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。