千早村2014 「NEXUS Cafe」
[再見録]を引っ越ししました、しばらくこちらを更新しようかな♪
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良ドリームランド「ウルトラマンライブシアター」 ショーレポート(ウルトラマンガイアVSショー初登場のアグル! <1998.12.06>
『村』の公会堂 保管庫

思うところあってHPの公会堂レポをこちらにも保存しておきます。




☆=☆=☆レポを書いた当時の背景☆=☆=☆

「ウルトラマンガイア」放映中、当初V1アグルのキャラはとても微妙な
立場でした。ゆくゆくはガイアがアグルの光を吸収?してガイアV2
となり、アグルもV2となってガイアに協力するのですが、このショー
公演中の当時はまだ、考え方の相違でガイアと対立の立場でした。
それゆえ、TVではかっこいいアグルが見れるのに、ショーではなかなか
お目にかかれなくって、ショーファンはとても欲求不満でした。
そんな中、アグルが奈良ドリに登場と聞いては居ても立ってもいられません(^^;)
秋のショーシーズンも終り、もう年内はショーは見ない予定だったのに
見に行くしか、ないっしょ!と足を運びました。
それゆえ、チョット「熱」が高いレポになっているかも知れません(^^;)

☆=☆=☆

(ここから先は’98年に@niftyのウルトラマンフォーラムにアップしたものです。)

みなさん、こんにちは。千早村です。

がまんできずに、奈良ドリームランドへ行って来ました。
12月6日のライブショーのリポート、させて下さい。
多少、熱い表現、ご容赦のほどを。では!

奈良ドリームランドは駐車場を園の入り口までの所に広く用意してあります。
ここに駐車している車を見ながらゲートに向かうわけですが、奈良以外のナンバープレートが多いです。
当日は大分のプレートもありましたが、大阪ナンバーが一番多いかな?遠い所から足を運んでくれているというのは、ウルトラファンにとっては、少しうれしいです。(ウルトラマンタウンへ来た方かどうかはわからないけれどネ)

ウルトラマンショップが大勢の人でにぎわっているのを見ながら、ライブシアターへ。
15時15分からのショーを見ることにしました。

さて、ウルトラマンショーは、子供達の熱い視線の中、ウルトラマンと怪獣の対決から始まりました。
今回はジャックとムルチ。そして、ウルトラマンとセブンに、ギャンザー。また、何か不穏な動きをウルトラマンたちは感じているようです。怪獣達をやっつけた後、M78星雲へ情報を集めに行こうとしたとき、突然の怪光線にみんなやられてしまいます。
一体何が起ころうとしているのでしょうか?

お姉さんと子供達のいつものお約束の後、我々の前に姿を現した、レイビーク星人とゼネキンダール人。レイビーク星人は何やらごきげんな様子。ウルトラマンを簡単にやっつけられたので、たいそうご満悦です。
一方、ゼネキンダール人、悪賢いこいつ(初め、TVで登場した時はあまりキャラがなかったようなのに、ライブショーでは大活躍だわ)は、何か腑に落ちない様子。そのあたりを楽しく表現してくれます。
でも、結局、レイビーク星人に命令されて、地球を奪うための怪獣を復活させられます。
ところが、呼び起こされた怪獣は「ソドム」。あまりにおとなしいので、ゼネキンダール人が肩からかけている袋から怪獣辞典(?)を取り出して見ると、あまり戦いを望まないとあります。
怒ったレイビーク星人が、次の怪獣を出すように命令し、ゼネキンダール人が怪獣を再度呼び出そうとすると、なんと!!ウルトラマンジャックが空から降ってくるのです。(これはウソ。でも、一瞬そんな感じがしたくらいですが。)ジャックは岩(?)に磔にされ、我々のまえに、姿を現します。
ちょうどいい。とレイビーク星人はさっきの2体の怪獣を呼び寄せ、ウルトラマンジャックをやっつけようとしますとしますが、そこへ、ガイア登場!

かっこよく、みんな敵をやっつけて、なんと4人(匹)いっぺんにフォトンエッジで、とどめを刺します。そこから密かに逃げ出すのは、やっぱりあのゼネキンダール人です。(でも、結局はみんな逃げちゃったんだろうけどね。だって後でみんなで出くるから。)

ウルトラマンジャックにエネルギーを与え元気にするガイア。
ああ!ウルトラの持っている財産てなんて素晴らしいのだろう。この音楽、確か、セブンの時のものだと思うけど、このシーンにすごく合っている!

さて、先程のゼネキンダール人、こそこそとみんなとは違うところへ逃げ込んだものの、出会ってしまったんです、アグルに!!これは相手が悪かった。あっ、と言う間にやっつけられてしまいます。地球にとっていらないものは、消し去るのだ!というようなことを言われて。

場面は変わって、ソドムを追って、レイビーク星人、ムルチ、ギャンザーが登場。さらに彼らを追ってきた、ガイア、ジャックが現れます。
ギャンザーをガイアが倒し、レイビーク星人を追って退場。ジャックがムルチと戦い、ウルトラブレスレットを使えという、セブンらしき声が聞こえ、ジャックもかっこよく怪獣を倒します。(ちょっとこのあたり、早送り気味に書いていますが、充分対戦を見せてくれます)
そしてステージに、レイビーク星人とガイアが再度現れ、戦います。そこへ、アグル登場。

またしても、あっという間に、レイビーク星人を倒し、あとは、ソドムだけだと言います。それに対してガイアは単に呼び起こされただけで、ソドムに対戦するつもりはないのだ、と言いソドムをかばいます。そして、二人のウルトラマンの対戦が始まります。これがすごく燃える!燃える!!

熱戦の後、2人のウルトラマンは僕達の視界から消え、空っぽになったステージにソドムが出てきます。その後を追って、ジャックがやっと見つけたというように、登場。何とかしてソドムを元の所へ戻そうとします。
そんな光景のところへ、正面の扉から組み合ったままの二人のウルトラマンが出てきて戦いの続きを演じます。
ジャックがアグルに「君もウルトラマンだろう、ウルトラマン同士戦うのはやめろ!」と言いますが聞きません。それどころか、ソドムを見てなぐりかかるは、ジャックを光線でやっつけるはとかっこよさをアピールして大活躍(?)。そんなアグルに対抗してソドムをアグルの攻撃から守るガイア。容赦なくソドムをガイアを攻めるアグル。
アグルのパンチに前宙返りをしたガイアですが、あっ!危ない!!
ステージにはほんの浅い段差が付けられているのですが、僕の見ていると
ころからでは、この時ガイアがこの段差に着地するかのように見えました。
宙を舞っているわけですから、着地に失敗すれば捻挫でもしそうです。よろけるガイアが僕の頭の中で先に見えたように思いました。
でも、一瞬、ひやっ!としたのは僕だけだったのか、無事ガイアは着地し、アグルとの戦いを続けました。
この「ひゃっ!」、「ほっ!」という感覚が、かっこいいアグルから気持ちがはなれ、ガイアの気持ちの中へと僕が入っていくきっかけとなったのです。
その前から、どちらかといえば、受け身になっているガイアに僕は心の中で叫んでいました。(どうしたガイア!アグルに負ける気か?)ソドムに発せられたアグルの光線を遮ってソドムを守るガイア。(なぜ?そこまでしてソドムを守る?自分がやられてしまったらおしまいじゃないか!)でもガイアは何も悪い事をしない「地球の生き物」であるソドムを、俺が守る。と思っているようでした。今、ここでソドムを守れるのは自分しかいない!と。繰り出されるアグルの攻撃に耐えて、
ソドムを守るガイアに、何時しか僕は自分を重ねていました。
はたして、自分が守らなければいけない人々を、たとえば会社の仲間を、家族をこのように守れるかと。勝てそうにないからと、ほおって置くわけにもいかない、そんな時、いったい自分自身に何ができるか?誰かに助けを求めるか?いや、そうじゃないはずだ。そんな時だからこそ、たとえ自分の姿をがどうであっても、彼らを守るのは僕自身でしかない!なぜなら、今彼らを守れるのは、今その場にいる自分しかいないのだから! そう思えた時ソドムは何時しか僕にとってもとても大切なものになっていました。

TVの我夢と藤宮の対話を再現するように、ガイアは「地球にとって役に立たないものは、みんな消し去ればいいというのであれば、花や◯◯なんか(←忘れた^^;)もみんな必要のないものとして消し去るのか?」というようなことを言います。どきっとする(はずの?)アグル。
ティガVSイーヴィルティガを彷彿させる戦いは、同じように光線技の応酬となりました。室内のアトラクがもっとも演出効果を発揮できるライトの使い方が活きて、青い光と赤い光が交差し、ガイアとアグルの戦いも終わりを迎えます。先に崩れ落ちるガイア。アグルの勝ちか?とみんなが思う瞬間を待つように、アグルもまた力つきます。それでもアグルは「今日の所はこれくらいにしておこう」と捨てぜりふを残し退場。
ようやく、ガイアとソドムに一息つける時が訪れます。

「さあ、早くおかえり」ソドムに向かって優しく声をかけるガイアのせりふが胸に響く。全力を出しきり守ったソドムに対して、まだこれだけ優しく言えるゆとりの心。いいぞー!ガイア!!

どうやら、助かったらしいウルトラマン、セブンも登場してエンディングです。4人のウルトラマンを前にしてお姉さんのみんなで地球を守ろうね。らしきコメントが流れますが、さすがにガイアはちょっと息が苦しそう。
遊園地のアトラクなら、「おいおい、もうちょと鍛えてね、息があがってるよ。」と言ってるかもしれないところですが、今回のアグルとのバトルを見せてもらっていると、とてもそれは言えない。むしろ早く引っ込んで、休憩して。と言いたいくらい。それでもガイアは全力疾走でつぎの任務(次回公演)へ向けて僕達の前から走り去りました。

日暮れ早い12月。生駒山に夕日がきれいな中、僕達は奈良ドリームランドを後にしました。また、ウルトラマンにパワーをもらちゃった。と、ウルトラマンに感謝しつつ、僕の守るべき基地のある大阪の住まいへと戻ったのでした。

「アグルはどうだったんだ!」と、いう声が聞こえてきそうですね。
実は、アグルはかっこよすぎて、文字にできない!!!
これはもう、見てもらうしかないのです。ここまで、もし、アグルの活躍の様子を知りたくて読んで下さった方がいらしゃったらごめんなさい。かっこよすぎる(これしかない?)アグルは、どうか、ステージでお楽しみ下さい。

長いリポートにおつきあいいただきましてありがとうございます。
全く記憶だけが頼りでしたので、ストーリーの間違い等お許し下さい。

以上、レポ終りです。(アップしたものの…、あー、恥ずかし~) 
02.11.04公会堂にup (初掲出98.12月)
スポンサーサイト



プロフィール

千早村2014

Author:千早村2014
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。