千早村2014 「NEXUS Cafe」
[再見録]を引っ越ししました、しばらくこちらを更新しようかな♪
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15話「不死鳥の砦」 ~  第13話「風のマリナ」
第15話「不死鳥の砦」(7/15放送)

  千早村 投稿日:2006/07/26 22:43

感想が大変遅れて申し訳ありません。

サブタイトルにある、“不死鳥”とはこれまで幾多の異星人怪獣戦に諦めることなく戦い、それでも追撃、爆破に見舞われながらより強力なる機体と翼を目指して改良を重ねられた“歴代戦闘機”の事を言っているのでしょうか?そして、今回の“不死鳥”はガンブースターですよね!
歴代不死鳥を、不死鳥として送り出し続けてきた“砦”。それを守るアライソの心意気はわしらの心に心地よく響きます。決して過去だけにとらわれず、未来への希望を乗せて飛ばそうとしているわけですよね、機体と搭乗員を信じて!!
このテンションを冒頭の出撃シーンで、わけのワカランふざけた演出でぶっつぶしたのには、いくらなんでももうチョット方法があるやろ、と呆れて気持ちが折れましたが、その後のアライソ氏の熱意についつい釣られ、、、^^;)まずまずの作品となりました。しっかし、新型機の紹介編とはいえ、ガンブースターへの合体シーンはちょっとしつこかったですよねぇ?

などなど、突っ込みはありますが、物語前半に出てくるヒカリのカッコよさと、戦いに影響をうけたかのようなヒカリの地球上での危機?。ゾフィーの登場も声もよかったし、ゾフィーを相手に不安げなヒカリのお芝居もまたよかったです♪ここでヒカリが感じる不安は、エンディングでの変身前のセリザワが、人とメカとメビウスの連携勝利に光の強さだけではない何か、を感じているように見せる、その前振りだったのでしょうか?

さてさて、今回も山本メビウスです♪ミライ君の性格を表してか、グロマイトを前にしていてもなにやら、リュウのことが気がかりのようでしたね。新型機の能力に驚きながら?も、とどめのパンチを出す仕草がかっこええ♪
にしても、個人的には新型機お披露目にやや控えめなメビウスのバトルと見ました、またの派手な活躍を期待します。




第14話「ひとつの道」(7/8放送)

  千早村 投稿日:2006/07/18 04:15

メビウス作品全体のメイン展開の話ではなく、テッペイを描くサブストーリーのようですが、この番組を見ている親子の一つの未来像として将来どこかで思い出してもらえれば、というお話でした。
親の期待に応えたい一方で自分が選んだ道をも進みたいテッペイ。親対子、及びGUYSメンバー達のささやかな?葛藤を通して未来への夢を失わない方向へおさめようと人々の努力が多少いい子に描かれているとしても、とても後味が爽やかな一編でした。
テッペイの子供の頃のエピソードで親を心配して駆け寄る子を迎える母の喜びは、最後のシーンでテッペイの自らの将来への希望を語りそれを認める母が今度は自分の元を旅立っていくシーンにつながり、それに加えて目前でのテッペイの活躍が子供の成長した姿の喜びと寂しさを同時に表現していましたね。大田愛さんの脚本は現代の多少ゆがんだ親子関係を憂う気持ちから理想像を示したかったのかもしれません。

さて、メビウスの活躍。今回はオール山本メビウスです。メビウスに寄り付く昆虫?の大群を「ええぃ、面倒だ!!」と光線技で一蹴してしまわなかったのは、きっとテッペイの病院とか、周りの建物への配慮からでしょうか?
「活躍」というほどのシーンはありませんでしたが、動きはキビキビとメリハリがあって実際にはいない昆虫の大群に苦慮するアクションもなかなかです♪安定感のあるアクションにゆったり気分でメビウスを楽しめました、拍手~!!




【コメント追記】
1.りーまま
投稿日:2006/07/20 19:40

「母さん人待たせるのキライよ」ってあの台詞はじ~んときました。男の子の母って待つのが仕事のようなものでしょう。
「いつまでも待っているわよ」の意ですよね。

>山本メビウス
虫除けスプレーしてあげたかったですね

★ローリングなんでやねん
★君とはやってられんわ体当たり

ってどれなんでしょうね?!

2.千早村
投稿日:2006/07/26 22:52

>>1
>りーままさま
お返事遅くなってすいません~

 >>「母さん人待たせるのキライよ」
自分の気持ちの裏返りですかね~?
それとも、息子の成長に心で泣いて送り出した??

 >> 虫除けスプレーしてあげたかったですね
あはは、爆笑です♪それはやっぱりジョージの仕事ですかね~←根拠不明^^;)

 >> ★ローリングなんでやねん
 >> ★君とはやってられんわ体当たり

当方もさっぱりわかりませんや(大汗)




第13話「風のマリナ」(7/1放送)

  千早村 投稿日:2006/07/08 22:36

何、といって特には全体の展開にかかわるエピソードではありません。しかし旧友?のカドクラとのやり取りやGUYS適正試験でかつて出会ったリンコとの再会をからめて、マリナのGUYS隊員としての成長や「トラウマ」からの脱却を描き、なおかつGUYSチームのまとまりのよさ、信頼などが伝わる一編でした。
マリナが風を感じていたシーンはマジ“うるっ”だったよ。
上手くまとめてあるのは、さすが、村石監督だからか!!

村石監督といえば、お決まりの顔出し出演は「またぎ」か?と初見時は思ったのだけど、他サイトさんで知ったのだが、なんと、缶コーヒーのイラストになって登場だったのですね!あは♪
村石監督つながりで言えば、適正試験での女性との再会を演じていた女性登山家はあの、グランセイザーに出ていたんだったね、ぱっと見わかんなかったけど^^;)
ティガから10年、シンジョウ隊員を演じていた影丸氏はその後もウルトラ作品で活躍中で今回もカドクラを演じているのだけど、彼を見ているとそろそろ隊長とかでウルトラマンチームを引っ張って欲しいと思ったりして、、、いかが??ファンにはカッコイイシーンもあって満足だったかな?

さてさて、今回もマケット怪獣ミクラスの活躍が少しみられましたね。ミクラスのやるぞ!っていう顔がお気に入りですわぃ♪頑張れ、ミクラス!!
ほんでもって、今回のスーツアクターさんは和田氏。う~ん、放送開始当時より、少し痩せたか?見た目カッコよくなっている気がする、、、と喜んでみていたら「どひゃ(>_<)」なんですか?あんなにフラフラして空中から光線放ったって、当たりませんぜ(;_;)和田メビウス、ひょっとして吊りは初めて??そんなことはないよな?空中停止は慣れていないのか?
ま、そのあたりはかなり気になったのですが、いいところを持ってった感のあるヒカリがメビウスを救ってヤレヤレでした♪それにしても、ヒカリのあの顔はなんであんなに「やすらぎ」系なんだろ?ええ顔してるよね~今は戦っているけど、科学者としてのヒカリもかなり優秀な科学者だったように思えるよ、うん、今んとこ、とっても気に入ってます!!

*実はこの感想、昨日のうちに書こうと思っていたのに週末病?でやられちまったわぃ。しっかし、14話は山本メビウスで元気回復♪このように持ち回りでメビウスをやってくれると見続けようという気になるよ、是非続けてm(__)m



【コメント追記】

1.りーまま
投稿日:2006/07/11 22:15

あの吊りは・・・私もなんととってよいものか悩みました。
でも、あれでOKテイクなわけですよね・・・?えぇと。(^_^;)

そうそう!山本さん痩せられたような気がしますよね!
お身体の不調でなければよいのですが・・・(>_<)

2.千早村
投稿日:2006/07/12 06:07

>>1
>りーままさま
週遅れの感想にコメントありがとうございます(^^ゞ

 >> でも、あれでOKテイクなわけですよね・・・?えぇと。(^_^;)

あはは、「まぁ、ええか~」だったりして、、、←それは嫌だけど(-_-;)

>> お身体の不調でなければよいのですが・・・(>_<)
でもまぁ、“スペシャル西瓜割り”をなさるくらいですから、元気なんでしょう~頑張れ~山本メビウス♪
スポンサーサイト



プロフィール

千早村2014

Author:千早村2014
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。