千早村2014 「NEXUS Cafe」
[再見録]を引っ越ししました、しばらくこちらを更新しようかな♪
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9話「復讐の鎧」 ~ 第7話「ファントンの落し物」
第9話「復讐の鎧」(6/3放送)

  千早村 投稿日:2006/06/07 00:13

なにやらオープニングタイトルまでにえらいネタバレからはじまってしまいました(@_@)
幼児誌とかを見ていない視聴者はびっくりだったでしょう!イマイチ感情が伝わらないメビウスを見ているだけに(←嫌味でゴメン^^;)ウルトラマンヒカリ(=ツルギになる前の姿)のあの悔しさの表現にはチョット引いたかも?←おぃ^^;)
しかしねぇ、あの理由付けは少し?なんじゃないかな?仮にもわしらが言うところの「ウルトラマン」でありながら滅ぼされた者達の怨念を鎧(よろい)として着用?した、というのはウルトラマンの資質を考慮すると、受け入れがたい。そうはいうものの、科学者としてウルトラマンヒカリが敬意を持って見続けてきた惑星の生命体をことごとく滅ぼされたというのもわしらの人間的感情からすると冒頭表現の悔しさに同意したい気もする。結果、個人的見解としては、ツルギとしての鎧は「復讐の鎧」ではなく、「復讐心を極力抑えるべくつけられた鎧」なのではないか、怨念の塊のように見えたのは、高意識生命体でありながら滅ぼされた惑星生命体のいわゆる「争いを起こさない高意識」が、悔しさからくる復讐心に燃えるヒカリの心を抑えるための鎧としてヒカリを覆いツルギの姿とさせた、と考えたい。
そうであれば、メビウスやガイズの面々からいい意味での仲間意識を感じた時メビウスと共に戦う仲間となりえる、とそう物語を流せるのでは?と思ったのですが如何でしょう?
あるいは、次回登場の「母」の力でメビウスの仲間となる意識を得るのでしょうか?
ま、このあたりは次回が楽しみであります♪
んで、このお話。リュウが慕う「セリザワ」の意識はツルギには残っておらず、辛い思いのリュウですが、フォローにやってきたサコミズ隊長がなにやら周知のごとくセリザワに「ツルギ」と呼びかけるところなどは前から不思議な存在のサコミズをより怪しい?存在に見せていましたね^^;)←一体全体サコミズの本性は何なんでしょ??
そしてこの重~いテンションを救っているのはグドンvsツインテール!!このバトルにさらにマケットミクラスも登場するし、どこかでも読んだような気がするけど、「漁夫の利」のごとくグドンやツインテールを食ってしまうボガールも出てきて画面上はまるでウルトラファイトか!?←と言いながらもウルトラファイトというには、バトルが物足らん、特にツインテールvsグドンが(-_-;)。ま、バトルの物足らん点はメビウスが今までになく頑張っていた気もするけど、あのカッコええ側転やバック転は和田氏か?と疑いの目(^^;)んで、ツルギまで加わってさらに戦いがややこしくなる!(←ツルギの攻撃の仕方は東京を覆いつくすといわれている「大爆発」を起こすものだからね)
と、緊張感が高まったら、いきなり「続く」だったわ(爆)
う~ん、不完全燃焼のまま、一週間か、、、(-_-;)
んで、登場スーツアクターさんネタはあんまり変わっていないと思われるので、今回も省略。とりあえず、今回はまずまず見ごたえがありました、久々に見返しましたよ←おぃおぃ~^^;)

p.s.そうそう、冒頭のヒカリの悔しがりようについて一言。いやさ、ウルトラマンのショーとかではあれくらい感情をあらわにした表現も見るけどさ、TVでの放送ではあんなに悔しがるウルトラマンはあんまり見かけないよね。でもね~やりすぎかなぁ~と思いながらチョットうれしかったな。体全体から感情がほとばしっていたからね、「見せ方」はいろいろあるだろうけど、出来るアクターさんだとそれなりに見応えがあって意識は伝わるよ♪




【コメント追記】
2.先のTFCの怪人@椛沢雅哉
投稿日:2006/06/07 20:26
>>1
これがよかった、期待通り。
やっぱ、リュウには上司はセリザワであって、サコミズは目上に過ぎないってのが出てましたね。常に最前線に出て戦い、それで殉職した上司、常に最前線に出ない目上、上司として認めたくない目上への不満、トップの交代でリュウにエース候補生からアウトサイダーへの期待もできますね。
だがあの時、サコミズとセリザワの対決を期待したけど、これはまたの機会にしませう。しかし、これでサコミズ=ゾフィーで、セリザワの意識が何らかの形で残っていれば、大政奉還もありえそう。物語りもいつまでも内輪話だけで引っ張れません。捕食生命体とそれをめぐるツルギとの対立だけで一年は厳しいです。メビウスの作品世界って何か、ママかマスターと常連客だけで盛り上がってるだけのスナックかバーって感じなんですよね。来週は何となくツルギとメビウスの共闘もありえそうですが、ここにウルママがどう絡むか、ウルパパの声が西岡徳馬さんでしたから、ウルママにも期待できそう。

3.千早村
投稿日:2006/06/12 22:45
>>2
>先のTFCの怪人@椛沢雅哉さま
お返事が遅くなり申し訳ありませんm(__)m

「隊長」と「さん」とはよくご覧になってますね。
まぁ、すこしサコミズ隊長の肩を持っておけば、現場陣頭指揮のセリザワ隊長もそれはそれでええですけど、適所適所にキチンと適切なアドバイスを与えられる人材も必要です。部下一人ひとりにそれぞれ与える指示は違うものでもあるでしょうから。

それにしても、そろそろ飽きてきましたね、常連客もついてきたから新鮮な驚きも必要でしょう。ワンクールもまもなく過ぎますし、新たな展開を期待しますよ♪




第8話「戦慄の捕食者」(5/27放送)

  千早村 投稿日:2006/06/04 03:41

いやはや、一週間も遅れての感想です(汗)

登場怪獣は高次元捕食体ボガール、マケット怪獣リムエレキング、マケット怪獣ミクラス。もちろんメビウスとツルギも登場です♪
ま、我が家はニャンコ好きでして^^;)
なので、リュウの辛さよりコノミちゃんに抱っこされるリムエレキングの可愛さに我が家のニャンコを交えて騒いでしまいましたよ←おぃ^^;)なんでてね、我が家のチト太り気味のニャンコも抱っこされればリムエレキングそっくりで(笑)「ほらほら、○○ちゃん、お前みたいやで」などと声をかけると振り向いてTVを見る姿に余計に笑ってしまったり、、、ん?

どうもいかん、また話が逸れてしまった(汗)
え~すでに、9話も見てからこれを書いているので、メビウスとツルギのやり取りなどは、次回感想にていろいろ書きたい。

アクターさん考察はここしばらく新鮮味はないので省略。
う~ん、個人的には和田氏のブログなどを拝見していると、かなり好感なんですけどね、しっかし、ウルトラマンファンとしては、いつもクレジットで彼の名前だと、がっかりしてるよ。途中で他の方に変えて欲しいな、と言うのが正直なところだよ、和田氏には悪いけど。特に9話の冒頭であんなウルトラマンを見せられちゃうとね、主役のメビウスへの思い入れがなくなっちゃうよ、、、(-_-;)



第7話「ファントンの落し物」(5/20放送)

  千早村 投稿日:2006/05/24 22:03

快調に隊員紹介と物語を進めている、と思っていたのに、今回でちとブレーキがかかったか?テッペイ君のウルトラ関係を含む能力の高さはわかるけどさ、なんで宇宙語まで知っていたん?アナライザー系の役割とはいえ、もう少し“謎を解く”苦労を見せてくれてもいいんじゃないかな?あまりに平穏に?話が進み、ファントン星人の楽しさだけが強調されていたようで、見終わってなんだか充実感がなかったぞ(-_-;)

にしても、一方で進行するボガールvsツルギ。セリザワ隊長姿には『セリザワ』の記憶はないようで、、、そのあたりの謎解きは来週なのか?

え~っと、いつも冒頭に書いているアクターさん情報は、あまりにキャストが多すぎて誰が誰かわからん。でも、ま、メビウスは和田氏、ツルギは岩田氏、んでボガールは相馬氏、ファントン星人はたぶん、横尾氏だろうな。

おぉ、そうそう、ミライ君、まだ地球に慣れていないのか、仕草や言動に時々ヒヤッとさせられるなぁ~(^^;)もっとも、早く「彼は怪しい、ウルトラマンメビウスかも、、、?}とメンバーに疑われる方が戦いやすいかもしれん(爆)
スポンサーサイト



プロフィール

千早村2014

Author:千早村2014
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。